【サメ映画】『シャーク・ナイト』レビュー

 「何故、鮫を借りるのか? 這い上がるためだ」
『シャーク・ナイト』

原題:SHARK NIGHT
監督: デヴィット・R・エリス
出演: サラ・パクストン, ダスティン・ミリガン, クリス・カーマック, キャサリン・マクフィー, ジョエル・デヴィット・ムーア
備考:監督はファイナル・デスティネーションシリーズの二作目・四作目や『スネーク・フライト』の人


sn01
⒞2011 INCENTIVE FILM PRODUCTIONS, LLC


・“その数、46種類
・“46種類のサメを<凶器>に、<狂気>の殺人ショーが今始まる…。”



 上記の文句は本作・『シャーク・ナイト』に国内で付けられたキャッチコピーである。



 だが、本作の劇中には別に46種類もサメは出ない。



 というより5~6種類しかサメが出ない。



 と何か一種の経歴詐称に近いキャッチコピーを吊り下げて参上したこのシャーク・ナイトだが、冷静に考えると5~6種類のサメでも十分に多い方ではあるので、まあそこは置いておいて早速レビューに移ろう。

続きを読む

関連記事

【ホラー映画】『アタック・オブ・ザ・キラー・ドーナツ』レビュー

 ★★★☆☆3.0 [ 料理・味3.0 | サービス3.0 | 雰囲気3.0 | CP3.0 | 酒・ドリンク3.0 ] 使った金額(1人) ¥100~¥500
『アタック・オブ・ザ・キラー・ドーナツ』

原題:Attack of the Killer Donuts
監督:スコット・ホイーラー
出演: カイラ・コンプトン, ジャスティン・レイ, アリソン・イングランド, C・トーマス・ハウエル
備考:監督は『アイス・ジョーズ』や『トランスモーファー・リターンズ』の人


kd01
⒞2016 Cardinal XD, LLC

2016/10(初)鑑賞
濃厚な食感が抜群

 仕事を終えた平日の午後に、ぶらりと寄った近所のレンタルショップ。
 魚介系のクソ映画が充実した、地元では有名な老舗の店舗である。

 まだ少し肌寒い三月の春風から逃れるように、熱気の籠もった店内に入ると、早速誰にも借りられない常連で賑わうマイナーなホラー映画の棚へと向かう。

 種類は豊富だが魅力は皆無なメニューの品目や、空席の多い新作コーナーの活気に少し惑わされたが、今回は現時点で準新作の『アタック・オブ・ザ・キラー・ドーナツ』を注文した。
 最近はこってり系のクソ映画を中心に攻めていたので、たまには健康を考えてあっさり系の本作を頂くことに決めたのだ。

 リリース当初から客の手に取られた様子のない、埃を被ったトラッシュ・ムービー風味のパッケージ。
 どこの誰が描いたともしれない殺人ドーナツの素朴なイラストをベースに、脇に添えた意味不明なキャッチコピーが程々のスパイスを効かせており、どこの誰とも知れない職人の技量が窺える。
 殺人ドーナツの光る目玉は少し薬味の自己主張が激しいために、他の素材との調和を乱しているようにも思えたが、一方でそのような臭味が逆に味わい深い、ジャンキーな香気を漂わせていた。

 早速カウンターを通して自宅に持ち帰ったディスクは、意外にもサクサクとプレイヤーの中に収まってしまった。
 同時に再生された新作案内のフルコースに舌鼓を打って、ついにメインディッシュである本編の鑑賞に移る。
 質感の安いフィルムの冒頭が画面内で流れ出した途端、部屋中に芳醇な雰囲気が広がった。

 嗚呼、これは、最近ではめっきり数の減ってしまった、懐かしいクソ映画の味だ――



 というわけで、ここから『アタック・オブ・ザ・キラー・ドーナツ』のレビューである。
 上のグルメレビューは読み飛ばしていいよ。

続きを読む

関連記事

【サメ映画】『ドルフ・ラングレン 処刑鮫』レビュー

 I must Shark you
『ドルフ・ラングレン 処刑鮫』

原題:SHARK LAKE
監督: ジェリー・デューガン
出演: ドルフ・ラングレン, サラ・マラクル・レイン, マイケル・アーロン・ミリガン, リリー・ブルックス・オブライアント
備考:ドルフ・ラングレンの吹替は大塚明夫


SL1
⒞2015 THE LAKE, LLC.

 『七皿食うて鮫臭い』という諺がある。
 満腹するまで食事を頂いておいて、後から「この料理には鮫の臭味がある」と文句を言う者を指す言葉だ。

 この言葉には、正常な感性が擦り切れるまでサメ映画を鑑賞しておいて、「畜生! またクソ映画だ!」と怨嗟の声を上げる、悪食な我々サメ映画ファンにも通じる面があるが、“我々の腹はまだ満ちていない”という点で少し意味は異なってくるだろう。



 というわけで今週の「教えて☆サメ映画!」のコーナーは終了するが、これで締めるのも味気ないので、引き続き『ドルフ・ラングレン 処刑鮫』のレビューを行っていく。






 ちなみに、邦題にも名前が入っているドルフ・ラングレンだけど、彼は別に主役じゃないよ。 



 それは文句も出るだろ!

続きを読む

関連記事

【サメ映画】『シン・ジョーズ』レビュー

 「分かりましたレビューは理研に任せます」
『シン・ジョーズ』

原題:ATOMIC SHARK
監督:グリフ・ファースト/A・B・ストーン
※国内サイトではグリフ・ファーストが監督として紹介されているが、彼は監督ではなく脚本の一人であって、実際の監督はA・B・ストーンとのことである。
出演:レイチェル・ブルック・スミス, ジェフ・フェイヒー, デヴィッド・ファウスティーノ, ボビー・カンポ, マライア・ボナー
備考:グリフ・ファーストは『ゴースト・シャーク』や『フライング・ジョーズ』の監督


sj1
⒞2016 MANU FACTURED BY AT ENTERTAINMENT, CO., LTD

 昨年日本で一大ヒットを成し遂げた『シン・ゴジラ』

 とは別に関係ないが、「別に関係ないなら自由じゃん」の精神が基本の一大ジャンルがサメ映画である。



 本作の原題は『ATOMIC SHARK』であり、“放射能汚染で突然変異を起こしたサメが、人間を食い殺していく”内容の作品だ。

 しかし、そこから“放射能汚染で突然変異”の部分だけ強引に抜き取って、話題の『シン・ゴジラ』と似たタイトルとフォントを独自に付けてみた結果、生まれた邦題が上記の『シン・ジョーズ』なのだろう。



 そりゃ選択肢としてはアリだろうが……選ぶなよ……!



 なお、本作のキャッチコピーは、「核実験の罪(SIN)が生み出した悪魔――」である。
 邦題の由来に関する建前か、もしくは苦しい弁解のように聞こえるが、同時に本作の内容にも沿っている秀逸な文句である。
 考えた人は楽しかっただろうなあ。

続きを読む

関連記事

【スラッシャー映画】『ローズマリー』レビュー

 PROWLER=不審者/徘徊するもの
『ローズマリー』

原題:THE PROWLER/ROSEMARY'S KILLER
監督:ジョセフ・シトー
出演:ヴィッキー・ドーソン, クリストファー・ゴートマン, ファーリー・グレンジャー, ローレンス・ティアニー
備考:特殊メイクはトム・サヴィーニ


rm1
⒞1984 GURADUATION PRODUCTIONS LTD.

 『ハロウィン』や初代『13日の金曜日』によって、ブームを巻き起こした80年代のスラッシャー映画の中でも、特に有名な作品の内の一本が、『THE PROWLER』こと『ローズマリー』だ。

 VHS版では『ローズマリー・キラー』という邦題を付けられている本作は、13日の金曜日の亜流とは言えない、独特の趣向とインパクトが詰まった作品であり、界隈では非常に高い評価を得ている傑作である。

 そのため、年季の入ったホラー映画ファンの方々には、「今更ローズマリーかよ! 知ってるよ!」と思われるかもしれないが、前々から触れておきたかった作品であり、個人的に好きな作品でもあり、一番の理由としては、どうでもいいけど先日改めて鑑賞して丁度無性に喋りたい気分になったタイミングだったので、今回はこのローズマリーを簡単にレビューしていこう。

続きを読む

関連記事