【ホラー映画】『アマゾン・クルーズ』レビュー

『アマゾン・クルーズ』

原題:DARK AMAZON
監督:ダルシアナ・モレノ・イゼル
出演:ミナ・オリヴェラ, ドン・ジェネス, ミシェル・テイラー, エミリオ・ダンタス, マーク・アラン
備考:原題を縮めて駄マゾンと呼ぶと良い


da01
⒞2014 DARCYANA MORENO IZEL

 このアマゾン・クルーズだが、いかにもパッケージで本作の目玉のように牙を剥いている動物の数々は、中央真下の『人類』を除いて全員、数秒だか十数秒しか本編に出ない。



 もう少し詳しく述べるならば、パッケージの動物は基本的に、“場面転換の繋ぎとして挿入される資料映像に一瞬登場する”か、“本筋と一切関係のない場面で雰囲気作りのための小道具として一瞬登場する”かといった、それだけの役割しか劇中で持たされていないのだ。

 もっとも本作は“アマゾンの奥地に潜む精霊・アンヤンガが、ジャングルを訪れた人々を襲う”というホラー映画であり、つまり本作は最初から動物を軸に据えたアニマル・パニック映画ではない。
 そのため前述の問題の責任は制作会社ではなく、内容を無視して動物をクローズアップしたパッケージを採用した日本の映画会社(注:アルバトロス)にあるだろう。



 もっとも、そのアマゾンの奥地に潜む精霊・アンヤンガは、ラストで数秒しか画面に映らない。



 というわけで『アマゾン・クルーズ』である。




 あらすじ

 密林に生息するカエルの酵素からガンの特効薬を作るため、アマゾン奥地に踏み込んだ製薬会社の研究チーム。

 世紀の発見に成功した彼らを待ち受けていたのは、血も凍る恐怖との遭遇だった。

 探検8日目、クルーの1人がバラバラに食いちぎられた死体となって発見される。惨劇は続き、次々と増えてゆく犠牲者。
 原住民が恐れる、森の守護神“アンヤンガ”の仕業なのか?

 方向を見失い、ジャングルを逃げ惑う生存者たちだったが…。 (公式HPより引用)






 このアマゾン・クルーズだが、悪い意味で妙な作品だ。



 本作、序盤から後半までは、ガンの特効薬の材料を求めてアマゾンを探検する研究チームの一行が、『画面に映らない未知の脅威(=アンヤンガ)』『ちょっと木や草が揺れる程度の演出』『微妙なノイズの演出』に脅され続ける。
 そこから『画面に映らない怪物(≒アンヤンガ)』に隊員が殺されつつ、単調な展開の中で淡泊な探検を続けていくという、率直に言って一般的に駄目な部類のPOV映画の典型例である。



da02
⒞2014 DARCYANA MORENO IZEL

↑序盤に道を教えてくれたり、アンヤンガの話を聞かせてくれる原住民の一人。



 それだけで十分、もう語ることのない作品だと思うが、個人的に最も不可解な点は他にある。





 何者かの手によって一人また一人と仲間が死んでいき、心身共に疲弊していく研究チーム一行。
 過酷を極めた状況の中、一名の生存者が唐突に、『ガンの特効薬は完成しない』『ガンの特効薬が完成したところで、それが人類全員に行き渡るはずが―』『ガンの特効薬が完成すれば、今度は別の問題が―』と、今更過ぎる問題提議を始める。
 そしてアンヤンガの存在はどこへ行ったのか、それまで“登場人物がジャングルを探検するマクガフィンに過ぎなかったガン関連の設定”に向けて、突然『取って付けた環境問題に対する主張』が並べ立てられるのだ。



 挙句、“ガンの特効薬云々について議論を終えた”かと思えば、“ガンや上記の社会問題とは特に関係ないアンヤンガが、不意に現れて登場人物を全員殺す”上に、「果たしてガンの特効薬は本当に完成するのだろうか―?」と前後の場面を無視した頓珍漢なテロップが流れたところで、本作は幕を閉じる。



 ちょっと構成が歪じゃないか。



da03
⒞2014 DARCYANA MORENO IZEL

↑場面転換の折に少し画面に映る動物の内の一匹。



 そのような本作だが、唯一終盤で“生存者の一人の正体が×××××××の手先だった”という展開には、少し驚いたと言えば驚いた。

 だが、他に良かったと思える箇所もなかった。

 困る。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

「地球ドラマチック」か「ダーウィンが来た」の、アマゾン動物特集見た方がなんぼかマシそうだなぁ
タイトルはやっぱり、ディズニーのジャングルクルーズが元ネタなのかしら。

No title

ひさしぶりに動物奇想天外を見たくなりました。

予告を見ただけで分かる水曜スペシャル臭
ナレーションと例のbgmが欲しくなる

製薬会社とアマゾン…アナコンダかな?

No title

これでレベルが高い方なのですね…(戦慄

そういえば最近ピラニアとアナコンダが悪魔合体してジャングルに来た人々を襲う映画見かけましたね、この映画の親戚かな?

つまり、デスサファリやサファリはまだ序の口だったという事ですね。
これは、みないと