スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【サメ映画】『シャークトパスVS狼鯨』レビュー

 シャークトパスⅢ サメ映画から神話へ
『シャークトパスVS狼鯨』

原題:SHARKTOPUS VS WHALEWOLF
監督:ケヴィン・オニール
出演:キャスパー・ヴァン・ディーン, キャサリン・オクセンバーグ, イギー・ポップ, ジェニファー・ウィンガー
備考:キャストが無駄に豪華


svw01
⒞2015 Emerald City Pictures, LLC

 ロジャー・コーマンを製作総指揮に、『ジョーズアタック2』をリメイクした作品であり、出来自体は特に評価されていないが、ユニークな怪物の造詣が妙に話題となった一作目・『シャークトパス』

 初代シャークトパスの続編であり、プテラノドンとカマスが合体した怪物を追加投入することで、もはや映画というより闇鍋に近い作品となったが、内容自体は意外と堅実な二作目・『シャークトパスVSプテラクーダ』

 以上の前二作で流石にもう飽きただろう懲りただろうネタも尽きただろうと思いきや、昨年シャークトパスシリーズに、映画業界へのストーキング行為のような最新作と、新しい挑戦者が登場した。



 シャチとオオカミの遺伝子を組み込まれた野球選手が、満月の光を浴びることにより、水陸両用の改造哺乳類・狼鯨へと変身! 打倒シャークトパスに向けて動き出す!

 そして現れる第三勢力・ブードゥーの呪術を行使する教団と、カンフーのマスタリーを会得したキャスパー・ヴァン・ディーンもエントリー! 同じく二匹を付け狙う!

 油断するなシャークトパス! 今度の相手は一筋縄じゃ行かないぜ!




 とまあ今回はもはや闇鍋というより大乱闘スマッシュブラザーズに近い作品へと変貌を遂げた三作目、それが『シャークトパスVS狼鯨』である。



 ところで本作、過去作や凡百のサメ映画が比較にならないほど出来が改善された、暫定シリーズ最高傑作です。はい、あくまで個人の感想です。



関連:【サメ映画】『ジョーズ・アタック2』レビュー




 あらすじ

 アメリカ軍が産み出してしまったタコとサメの合体生物兵器"シャークトパス"。

 この史上最凶のハイブリッド・モンスターは、更なる驚きの進化を遂げ、ついに海を飛び出し陸でも暴れまくり、人間界に牙を向け始めていた。

 ある日、マッドサイエンティストが、最大の海洋哺乳類のクジラ科の中でも、自然界での天敵は存在しないと言われている最強シャチと、最恐の哺乳類オオカミの遺伝子を人間に組み込み、信じられない合体生物兵器を産み出すことに成功、"狼鯨=ホエールウルフ"が誕生する!

 そしてついに、シャークトパス撃退に向けて、最凶合体モンスターが世に放たれた!!(パッケージ裏より引用)






svw05
⒞2015 Emerald City Pictures, LLC

↑対決! シャークトパスVS狼鯨!
過去作の怪物は非常に無機質だったが、本作に登場する二匹は豊かな感情表現を見せてくれるのも、前二作と違う点だ。






このシャークトパスVS狼鯨、過去作が割とシリアスな作風に寄せられていたのに対して、シリーズの中でも特にコミカルな作風のサメ映画である。

 冒頭から何の説明もなく突然現れたかと思えば人を襲うシャークトパスに、意味不明な理論の改造手術を受け流れるように誕生する狼鯨。

 他にも“何故かツイッターでシャークトパスにフォローされている主人公の相棒”や、“何故か呪術でシャークトパスを制御するブードゥーの首長”“何故か終盤で唐突に酔拳を使い始める主人公”などの荒唐無稽な設定が次から次へとネタの切れない回転寿司のように流れていく本作は、まるで濃厚なコメディ映画のごとき密度を誇っている。





svw02
⒞2015 Emerald City Pictures, LLC


svw03
⒞2015 Emerald City Pictures, LLC


svw04
⒞2015 Emerald City Pictures, LLC





 怪物視点のパートはともかく、人類視点のパートが退屈だった一作目と比べると、決して途中で滞ることなく、展開を全て勢いに任せて進めていく本作は、全編通して非常に内容が濃く、過去作(一作目)のように冗長な箇所が少ない。



svw06
⒞2015 Emerald City Pictures, LLC

↑シャークトパスの呪い人形。
呪い人形には、シャークトパスとの小さな友情を育む力がある。




 また、本作は物語が過去作と繋がっており、一作目や二作目に関するネタが劇中でも見られるが、別に過去作を知らなければ楽しめないという作品ではなく、あくまで“過去作を知っていると少し嬉しい”ネタ程度に留めて出してくれているため、シリーズ初見の人間でも安心して楽しめる。



 と言うと、「過去作より癖を減らして、初見の方々にも分かりやすく配慮の成された作品」のように思われるかもしれないが、一方で本作、中盤以降はジョークの密度が高まり過ぎて、もはや「腹を抱えて笑えるが、本編の状況が一切分からない」という危険地帯に突入している。
 


 ここは好みの別れるところだろう。詳細を語るのも難しいほどに本筋の暴走特急な本編は完全に右へ左へスリップしているため、比較的真面目で単純明快なパニック映画が観たい方には二作目・『シャークトパスVSプテラクーダ』の方が性に合っているかもしれない。



 とにかく、本作を一言で表すならば『混沌』の一語に尽きるのだ。



 子供がドリンクバーで勝手に作ったミックスジュースのように複雑だが安い味を持つ本作が、万人に受け入れられるとは言い難い。

 支離滅裂で下らない遊びを笑えるかどうか、そこが本作を観る上で注意しなければならない部分だ。



 よって、万が一貴方が『シャークトパスVS狼鯨』を純粋なパニック映画として買った場合、本作は数日の内にリサイクルセンターへと返却されることになるに違いない。



 だが同時に、そこを笑って受け止められる人間には、貴重な経験を与えてくれるのもまた本作である。

 本作に似たサメ映画は他に少ない。強いて言えばシャークネードシリーズだが、シャークネードは一応単純娯楽作品として話の筋が通っているため、ここまで良い意味で狂ったサメ映画は近年でも滅多に観られないだろう。



svw07
⒞2015 Emerald City Pictures, LLC

↑頭を掻く仕草のキュートなシャークトパス。



 というわけでこのシャークトパスVS狼鯨だが、とりあえず「何か強烈な刺激が欲しい」というサメ映画ファンにはオススメだ。


 もっとも、初見の方々が一度に大量のシャークトパスシリーズを摂取すると、脳細胞に深刻な悪影響を及ぼす恐れがあるため、最初に『シャークトパスVSプテラクーダ』を観て徐々に身体を慣らしていき、十分に体調を整えたところで、服用から6時間以上の間隔を置いて、本作に臨むことを推奨する。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

記事乙です。
二種類の生物の合体生物が暴れ回り、生物のインパクトが凄い作品から堅実な作品と続き、いきなり混沌な作品へ路線が変わる……
つまり製作陣はゲルショッカー(ry

No title

どれからツッこめばいいのか…

最強哺乳類=狼というのは同意しかねますが、狼鯨のデザインはかっこいいと思います(粉みかん

サメのSNSのコメントがとても気になる
どういう投稿するんだろ?
しかも他人をフォローするとか凄い

No title

借りたDVDをリサイクルセンターに持って行ってはいけません!

No title

もちろん冗談ですが物議を醸し出しそうな表現だったため一応少しマイルドに修正しておきました

No title

>SNSのアカウントもある
Mary Lee the shark(発信機を内蔵してツイッターアカウントを持っている実在の巨大ホホジロザメ)リスペクトかな?

No title

>Mary Lee the shark(発信機を内蔵してツイッターアカウントを持っている実在の巨大ホホジロザメ)
SNSやる魚類実在したのかよ!?
そっちも十分衝撃的だぞ

No title

記事作品もさるとこながら、
いまどき火曜日サザエさんなんて誰も知らねーよ!と。

まったく、明るい笑顔を振りまいちゃうぜ・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。