【サメ映画】『ロスト・ジョーズ』レビュー

 世界で最も飛行性能に優れたサメ映画
『ロスト・ジョーズ』

原題:RAIDERS OF THE LOST SHARK
監督:スコット・パトリック
出演:キャンディス・リッドストーン,キャサリン・メリー・クラーク,ジェシカ・ハーザー,ローレンス・リーヴンチェック
備考:スタッフにブレット・ケリーがいる


ロスト・ジョーズ01
⒞2014 Wild Eye Releasing & Princ Films

 2015年の6月~7月はサメ映画の黄金時代であった。

 アサイラムが送るメガ・シャークシリーズの第4弾『メガ・シャークVSグレート・タイタン』に、シャークトパスの続編『シャークトパスVSプテラクーダ』、ロジャー・コーマンの弟子であるリー・スコットが製作した『ピラニアシャーク』、ついでに『ジョーズ・リターン』、それともう一つ個人的に気に入っている『ビーチ・シャーク』の廉価版と、国内では珍しい本数のサメ映画が一斉にリリースされたのだ。

 この映画業界が揃って腹を下したかのごとき怒涛の新作公開は、TV東京・午後のロードショーサメ映画月間との相乗効果によって、これまで世間には知られていなかったサメ映画の存在を一気に広めていった(なお、当時の評判は概ね悪かった)。

 だが、そこに紛れて日本に不法入国していた作品が一本存在する。



 その映画はTSUTAYAのカタログにおいて、“別のサメ映画・『ジュラシック・シャーク』(2012)からそのまま流用した部分の画像を新作案内コーナーに載せてくる”という衝撃のデビューを飾っていたが、その事実に気が付いた者は当時極めて少なかった。

 また、その映画は販売予定日の直前まで作品の予約購入を受け付けていたものの、突如“Amazonから商品ページごと存在をロストする”というトリックプレーまで密かに成し遂げていたのである。



 こうして流通以前から既に怪しい気配を漂わせていたのが本作・『ロスト・ジョーズ』なのだ。
 




 あらすじ

 バカンスのため田舎の湖を訪れた4人の学生。しかしそこは政府の開発した生体兵器ザメが泳ぐ危険地帯であった。

 一方、彼らの教師である主人公の古生物学者・レイノルズ教授は、湖を所有する地主からサメ退治を依頼される。

 過去に妹をメガロドンに殺されたことがトラウマである彼女は、一旦依頼を断るものの、湖に設置された監視カメラの映像から、生徒が生体兵器ザメの危機に晒されていると知り、単身サメを相手に立ち向かうことを決意する―






 正直なところ、どこから話に手を付けていけば良いのか分からない。

 あらすじは極力簡潔に纏めたが、この映画にはとにかく本筋と関係のない無駄なパート無駄なキャラクターに、無味乾燥で退屈なトーク意味不明なタイミングで唐突に流れるテーマソング、そして何か普通に空を飛ぶサメが、先の展開に困る度に脈絡を無視して挟まってくるかと思うと、本編の尺を適当に稼いで消えていくのだ。



 特に、本編に登場する“空を飛ぶサメの存在を信じない警察官二人組”は、破綻した脚本の亀裂に潜り込んで登場したかと思えば、“訳の分からない低俗な寸劇”を何度も繰り返すと、“結局騒動とは一切関わらないまま”、爆散したサメの肉片を頭に浴びて物語を締め括る。

 彼等の存在意義とは一体何だったのか。
※少しダリオ・アルジェント作品に近い風味は感じたが、別に本作はダリオ・アルジェント作品と何の関係もない。





 更に本作、史上最悪のサメ映画の一本として海外でも悪名が知れ渡っている『ジュラシック・シャーク』と、


・撮影現場が一緒
・一部キャストは続投
・一部スタッフも続投――というよりジュラシック・シャークの監督が製作と脚本を務めている
・ジュラシック・シャークで使っていたサメの映像を多数流用している



 という悲惨な有様である。


 勿論本作には流用でないオリジナルのサメのモデルも使われているが、一体何が起こったのか『ジュラシック・シャーク』のサメよりもCGの出来が劣化している。何故だ。


ロスト・ジョーズ03
⒞2014 Wild Eye Releasing & Princ Films

↑流用されたサメのカット。これだけでは『ジュラシック・シャーク』なのか『ロスト・ジョーズ』なのか、本編を観るまで分からない。
 よってここにシュレディンガーのサメが成立する。




 ただし、この割と本気で褒められない本作にも、一応の見所自体は存在する。先程にも述べたがサメが空を飛ぶのだ。
 というより――





ロスト・ジョーズ04
⒞2014 Wild Eye Releasing & Princ Films


 浮遊している。 


 メガ・シャークシリーズのサメやシャークネードシリーズのサメなど、最近では飛行性能の高いサメ映画も急速に増えているが、現状本作のサメより長い滞空時間を誇るサメ映画はない。
 他には特に何もないが、一応上記の点が見所と言えば見所である。



 冗長な会話に単調な絵面、散漫な脚本に加えて志の低い映像技術に塗れた作品だが、「気持ち今日は自由自在に空を飛び回るサメが観たいな」という気分の日には、このロスト・ジョーズをオススメする。


どうでもいいけど邦題は『レイダース 失われたシャーク』の方が良かったかな!


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ツイッターから来ました。
……滞空サメがトドメでした。

権利の問題さえ大丈夫なら、鮫映画にそのうちビーストウォーズみたいなトランスフォーム鮫が出てくるかも。
いや予算が無いから出ないか、うん。

No title


宇宙船から不法投棄されたナノマシンを喰ってロボ化して変形してマシンガンとか出すロボシャークって映画がですね・・・

No title

サメが飛んでからのCGはまさにクソコラでしたね
クソコラグランプリで盛り上がったシャークトパスに対抗したんですかね…?
映画の方からクソコラ作らなくていいから(良心)

No title

時間の流れを遅くする未来装置でした・・・タイトルはフライング・ジョーズでよかった。