スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ホラー映画】『宇宙からのツタンカーメン』レビュー

 アバラボロボロー!
『宇宙からのツタンカーメン』

原題:TIME WAKER
監督:トム・ケネディ
出演:ベン・マーフィ, ニナ・アクセルロッド, ケヴィン・ブロフィ, ジェームズ・カレン, シャーリー・ベラフォンテ=ハーパー
備考:ブロッケンJr.とは戦っていない


ツタンカーメン01
⒞2015 FORWARD Ltd.

 皆様は『宇宙から来たツタンカーメン/消えたミイラ! 全裸美女に迫る古代エジプトの魔神』という、妙に文字数を圧迫する邦題を付けられた作品をご存じだろうか。
 『タイム・ウォーカー/時空の聖櫃』なるSFチックな別題でなら覚えているという方もいらっしゃるかもしれない。


「別にツタンカーメンも全裸美女も一切出ない」
「でも邦題でオチをネタバレしている」
「というかVHS版のパッケージが既に若干ネタバレしている」
「何故かDVD版のパッケージ裏では完全にネタバレしている」



ことで有名なこの映画は、かつて日曜洋画劇場で放映された際、本来映画に対しては非常に寛容なはずの淀川長治がマトモな感想を放棄したことで一躍名を上げた(作品の価値は下げた)。

 このように数々の逸話を持つ、気の毒なファラオのような本作が、先日カルト映画専門会社『フォワード』から、ついに国内で再版されたのである。



 もちろん我々Z級映画ファンとしては、自腹を切って内臓を痛めてでも本作を鑑賞せざるを得ない。
 というわけで、当ブログの記念すべき第一回目のレビュー対象として、この『宇宙からのツタンカーメン』をじっくり語っていこう。
 (最初はサメ映画にすればよかったかなあ)




 あらすじ

 発掘調査のためエジプトを訪れた主人公のマッカデン教授は、ツタンカーメンの墓から謎の棺と正体不明のミイラを発見する。


ツタンカーメン02
⒞2015 FORWARD Ltd.

↑ピラミッドから掘り出された謎の棺。カービィのピンボールではない。


 アメリカへとミイラを持ち帰り、研究を試みるマッカデン教授であったが、研究員の一人がうっかり通常の10倍のX線を放射してしまったことにより、死んでいたはずのミイラが復活してしまう。

ツタンカーメン03
⒞2015 FORWARD Ltd.

↑ミイラの姿は終盤まで腕か胸かせいぜいシルエットしか見えない。彼はシャイなのだ。


 また間の悪いことに、棺に隠されていた宝石が手癖の悪い研究員によって盗み出されてしまったため、蘇ったミイラは宝石を取り戻すべく町に現れ、人々に襲いかかる―。


ツタンカーメン04
⒞2015 FORWARD Ltd.

↑ここのミイラは本当にクール。ライダーキックを一発耐える系の怪人めいた強キャラ感がある。



 アレ!? あらすじ結構普通だよコレ!?
 と思われた方もいらっしゃるだろう。実際本編も終盤までは、割に普通の内容である。

 無論ここで言う“普通”とは、重度のコカイン中毒野郎が大麻を見て「普通」と言い放つ程度の意味にしかならないが、とにかく普通である。
 もう少し具体的に言えば、


1.カットの使い回しが地味に多い
2.ミイラの殺人の直接描写が非常に少ない(画面外での殺害や行為直前に暗転など)
3.謎の棺から検出された未知のカビについて解明していくサブプロットが、気が付けば本編途中で消失している
4.ヒロインがミイラに追いかけられるシーンでミイラの姿が見えない
5.ミイラに建物の高層から路上に突き落とされ、腰・背・後頭部を強打したにもかかわらず結構元気なヒロイン


などの点について特に何も感じない人間にとっては普通である。
 問題はラスト15分前から訪れる怒涛の展開だ。


 ミイラが盗まれた詫び石を全て回収し―

ツタンカーメン05
⒞2015 FORWARD Ltd.


 突然胸からビームを出すと―


ツタンカーメン06
⒞2015 FORWARD Ltd.


 ミイラがエイリアンになるのだ。


ツタンカーメン07
⒞2015 FORWARD Ltd.



 ミイラ本人もこころなし困惑を隠し切れていない表情である。


ツタンカーメン08
⒞2015 FORWARD Ltd.

 「えっ? マジで?」



 一応ここまでに“ミイラの正体がおそらく人間ではないこと”は説明されているのだが、それにしても中の人がグレイ・タイプの宇宙野郎だとは(パッケージ裏のネタバレを見ていなければ)予想できるはずもなかった。
 というより予想したくはなかった。

 それまでの展開を全部引っくり返すことにより生じたこの絶大なインパクトは、本来ならば映画史の闇に埋もれる凡作に過ぎなかった本作を、数十年の時を経てなお語り継がれる古代エジプトの汚点として見事に昇華させたのだ(補足:制作はアメリカ)。
 地上波初放送当時、淀川長治が唖然としたのも頷けよう。


 最後の最後にコレを見せられてどう感想を述べろと言うのだ。



 ちなみに彼はツタンカーメンではなく、かつてエジプトでツタンカーメンを殺害した真犯人とのことである。
 じゃあ『宇宙からのツタンカーメン』って誰だよ。



 一撃必殺のようなクライマックスで一切合財持っていかれた気のする本作であるが、一点“普通”に評価するならば、ライティングの効果もあって妙に決まっているミイラの画であろうか。
 本作のミイラほど正面からのショットがイカしたミイラはそう多くないだろう。

 またキャストが何気に豪華であるのも、作品の出来とは別にして嬉しいところだ。ジェームズ・カレンはこの映画の後に『バタリアン』に出れて良かったね!


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

I am your father.とか青空侍とか、初見でこそ最大限の効果を発揮するビックリが映画には沢山あるけど……これはマイナス方面でのビックリだね、うん。
腹筋が崩壊したのが不幸中の幸いかも。

No title

えーと、つまりハット様はもう末期の中毒者というわけですな。

子供の時にテレビでやっててカビで死人が出たとこがやけに怖かったでござる。そういえばカビどうなったか全然記憶に無いと思ったら上質紙してたのか( ´△`)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。