【ホラー映画】『アタック・オブ・ザ・キラー・ドーナツ』レビュー

 ★★★☆☆3.0 [ 料理・味3.0 | サービス3.0 | 雰囲気3.0 | CP3.0 | 酒・ドリンク3.0 ] 使った金額(1人) ¥100~¥500
『アタック・オブ・ザ・キラー・ドーナツ』

原題:Attack of the Killer Donuts
監督:スコット・ホイーラー
出演: カイラ・コンプトン, ジャスティン・レイ, アリソン・イングランド, C・トーマス・ハウエル
備考:監督は『アイス・ジョーズ』や『トランスモーファー・リターンズ』の人


kd01
⒞2016 Cardinal XD, LLC

2016/10(初)鑑賞
濃厚な食感が抜群

 仕事を終えた平日の午後に、ぶらりと寄った近所のレンタルショップ。
 魚介系のクソ映画が充実した、地元では有名な老舗の店舗である。

 まだ少し肌寒い三月の春風から逃れるように、熱気の籠もった店内に入ると、早速誰にも借りられない常連で賑わうマイナーなホラー映画の棚へと向かう。

 種類は豊富だが魅力は皆無なメニューの品目や、空席の多い新作コーナーの活気に少し惑わされたが、今回は現時点で準新作の『アタック・オブ・ザ・キラー・ドーナツ』を注文した。
 最近はこってり系のクソ映画を中心に攻めていたので、たまには健康を考えてあっさり系の本作を頂くことに決めたのだ。

 リリース当初から客の手に取られた様子のない、埃を被ったトラッシュ・ムービー風味のパッケージ。
 どこの誰が描いたともしれない殺人ドーナツの素朴なイラストをベースに、脇に添えた意味不明なキャッチコピーが程々のスパイスを効かせており、どこの誰とも知れない職人の技量が窺える。
 殺人ドーナツの光る目玉は少し薬味の自己主張が激しいために、他の素材との調和を乱しているようにも思えたが、一方でそのような臭味が逆に味わい深い、ジャンキーな香気を漂わせていた。

 早速カウンターを通して自宅に持ち帰ったディスクは、意外にもサクサクとプレイヤーの中に収まってしまった。
 同時に再生された新作案内のフルコースに舌鼓を打って、ついにメインディッシュである本編の鑑賞に移る。
 質感の安いフィルムの冒頭が画面内で流れ出した途端、部屋中に芳醇な雰囲気が広がった。

 嗚呼、これは、最近ではめっきり数の減ってしまった、懐かしいクソ映画の味だ――



 というわけで、ここから『アタック・オブ・ザ・キラー・ドーナツ』のレビューである。
 上のグルメレビューは読み飛ばしていいよ。

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト