【サメ映画】『シン・ジョーズ』レビュー

 「分かりましたレビューは理研に任せます」
『シン・ジョーズ』

原題:ATOMIC SHARK
監督:グリフ・ファースト
出演:レイチェル・ブルック・スミス, ジェフ・フェイヒー, デヴィッド・ファウスティーノ, ボビー・カンポ, マライア・ボナー
備考:監督は『ゴースト・シャーク』や『フライング・ジョーズ』の人


sj1
⒞2016 MANU FACTURED BY AT ENTERTAINMENT, CO., LTD

 昨年日本で一大ヒットを成し遂げた『シン・ゴジラ』

 とは別に関係ないが、「別に関係ないなら自由じゃん」の精神が基本の一大ジャンルがサメ映画である。



 本作の原題は『ATOMIC SHARK』であり、“放射能汚染で突然変異を起こしたサメが、人間を食い殺していく”内容の作品だ。

 しかし、そこから“放射能汚染で突然変異”の部分だけ強引に抜き取って、話題の『シン・ゴジラ』と似たタイトルとフォントを独自に付けてみた結果、生まれた邦題が上記の『シン・ジョーズ』なのだろう。



 そりゃ選択肢としてはアリだろうが……選ぶなよ……!



 なお、本作のキャッチコピーは、「核実験の罪(SIN)が生み出した悪魔――」である。
 邦題の由来に関する建前か、もしくは苦しい弁解のように聞こえるが、同時に本作の内容にも沿っている秀逸な文句である。
 考えた人は楽しかっただろうなあ。

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

【スラッシャー映画】『ローズマリー』レビュー

 PROWLER=不審者/徘徊するもの
『ローズマリー』

原題:THE PROWLER/ROSEMARY'S KILLER
監督:ジョセフ・シトー
出演:ヴィッキー・ドーソン, クリストファー・ゴートマン, ファーリー・グレンジャー, ローレンス・ティアニー
備考:特殊メイクはトム・サヴィーニ


rm1
⒞1984 GURADUATION PRODUCTIONS LTD.

 『ハロウィン』や初代『13日の金曜日』によって、ブームを巻き起こした80年代のスラッシャー映画の中でも、特に有名な作品の内の一本が、『THE PROWLER』こと『ローズマリー』だ。

 VHS版では『ローズマリー・キラー』という邦題を付けられている本作は、13日の金曜日の亜流とは言えない、独特の趣向とインパクトが詰まった作品であり、界隈では非常に高い評価を得ている傑作である。

 そのため、年季の入ったホラー映画ファンの方々には、「今更ローズマリーかよ! 知ってるよ!」と思われるかもしれないが、前々から触れておきたかった作品であり、個人的に好きな作品でもあり、一番の理由としては、どうでもいいけど先日改めて鑑賞して丁度無性に喋りたい気分になったタイミングだったので、今回はこのローズマリーを簡単にレビューしていこう。

続きを読む

関連記事