【サメ映画】『デビルシャーク』レビュー

『デビルシャーク』

原題:Shark Exorcist
監督:ドナルド・ファーマー
出演:アンジェラ・ケレック
備考:販売元は竹書房である


ds1
⒞2015 Wilde Eye Releasing & Princ Films, Inc.

 サメ映画界を震撼させた伝説のクソ映画・『ジュラシック・シャーク』

 その映像を流用して制作したことにより、更にサメ映画界を震撼させた伝説のクソ映画・『ロスト・ジョーズ』

 そしてその映像を流用して制作したことにより、新たにサメ映画界を震撼させた伝説のクソ映画が本作・『デビルシャーク』である。



 例え私を倒したところで、第二第三のサメ映画が現れ、必ずや世界を破滅に導くであろう―



関連:【サメ映画】『ロスト・ジョーズ』レビュー

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

【サメ映画】『メガロドン』レビュー

『メガロドン』

原題:MEGALODON
監督:ゲイリー・J・タニクリフ
出演:マーク・A・シェパード, ロビン・サックス, アル・サピエンズ, リーアン・リトレル, ジェニファー・サムフィールド, エヴァン・ミランド
備考:監督はヘルレイザー4やミミックⅡにブレイド、そして本作のSFXも担当している


mgl01
⒞2002 Megalodon Productions LLC.

 かつての『W-JAWSキャンペーン』において、『シャーク・ハンター』と同時にリリースされたもう一本のサメ映画が、この『メガロドン』だ。

 監督は数々の大作で(監督ではなくSFX担当として)確かな実績を残してきたゲイリー・J・タニクリフ。

 主演には『スーパーナチュラル』のクラウリーとして特に名の知れたマーク・A・シェパードを据え、脇役にも俳優としての経験豊富な面子が、豪華かどうかは怪しいがとにかく揃っている。
※アル・サピエンズ(サピエンザ)はギャレスの方のゴジラでムートーの研究施設の警備をしていた人だよ。



 もっとも、高い実績を誇るキャストやスタッフが集まったところで、必ずしも良作が作られるとは限らないのが映画である。
 ましてやそれがサメ映画という万魔殿ならば尚更だ。
 
 そして本作を観て私が感じた、このメガロドンに対する印象としては―



 良くないけどサメ映画基準だから良かったよ。



 というわけで『メガロドン』である。

関連:【サメ映画】『シャーク・ハンター』レビュー

続きを読む

関連記事