【サメ映画】『ロボシャークVSネイビーシールズ』レビュー

 DX超合金
『ロボシャークVSネイビーシールズ』

原題:ROBO SHARK
監督:ジェフリー・スコット・ランドー
出演:アレクシス・ピーターマン, マット・リッピー, ナイジェル・バーバー, ヴァネッサ・グラス, アイザック・ヘイグ
備考:正確な内容は『ロボシャーク&ツイッターVSネイビーシールズ』である


rs01
©2015 BUFO Ltd. and Supercollider Productions Inc.

 2016年8月にリリースされた三本のサメ映画の内、一匹で“空を飛び”“海を行き”“地を駆け”、挙句“ツイッターのDMには顔文字を使って律儀に返信してくれる”、前代未聞のサメ映画がこの『ロボシャークVSネイビーシールズ』だ。

 彼の持つ鋼の体にはガトリング機銃とチェーンブレードが搭載、オプションとして高感度センサーや飛行用ブースターの装備も充実しており、空気抵抗の少ない流線型のフォルムは戦う環境を選ばない『汎用鮫型決戦兵器』として、洗練された機能美を我々視聴者に誇っている。

 えっ? サメ映画である必要がない?



 うん!



 しかしこの映画は昨今のサメ映画の中でも特に楽しめる作品かと思われるため、当ブログにおいてそこは不問とする。

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。