【サメ映画】『ジョーズ・アタック2』レビュー

『ジョーズ・アタック2』

原題:MONSTER SHARK
監督:ジョン・M・オールドJr.
出演:マイケル・ソプキウ, ヴァレンタイン・モンニアー, ジョン・ガルコ, ウィリアム・バーガー
備考:VHS版の邦題は『死神ジョーズ 戦慄の血しぶき』


ja21
⒞1984 NATIONAL CINEMATOROGRAFICA NUOVA DANIA INEMATOROGRAFA FILMS INTERNATIONAL LES FILMS DU GRIFFON

 この映画は『ジョーズ・アタック』(1988)四年前に公開された作品であることで有名な『ジョーズ・アタック2』(1984)である。

 なお、本作はかの『シャークトパス』の原作であることでも知られており、劇中にはサメとタコが合体した元祖シャークトパスこと通称・『死神ジョーズ』が登場する、現在のトンデモ路線を切り開いた最初のサメ映画でもある。



 そして本作の監督であるジョン・M・オールドJr.は偽名であり、その正体とはあの『デモンズ』及び『デモンズ2』の監督を務めたランベルト・バーヴァである。



 もう訳が分からない。

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

【ホラー映画】『Mr.タスク』レビュー

『Mr.タスク』

原題:Tusk
監督:ケヴィン・スミス
出演:ジャスティン・ロング, マイケル・パークス, ハーレイ・ジョレル・オスメント, ジェネシス・ロドリゲス
備考:●ョ●ー・●ッ●も親子揃って初出演


mt01
⒞2014 Big Oosik, LLC, and SmodCo Inc.

 今年2016年の新春に登場した衝撃のセイウチ人間映画、それが本作・『Mr.タスク』だ。

 元旦のムードも名残惜しい1月10日に本作を観た者は、“身体を鰭脚類に改造されたセイウチ人間_VS_自家製セイウチスーツに身を包んだ連続殺人犯”という、未曾有の異種格闘技戦を目に焼き付けたことだろう。





 年始から大概とんでもないものを売り出してくれたよな。

続きを読む

関連記事

【サメ映画】『インパクト』レビュー

 ※サメ映画である
『インパクト』

原題:Space Sharks/Raging Sharks
監督:ダニー・ラーナー
出演:コリン・ネメック, ヴェネッサ・エンジェル, コービン・バーンセン, エリーゼ・ミューラー, トッド・ジェンセン
備考:コリン・ネメックは『ビーチ・シャーク』や『ロボクロコ』にも出演しているベテラン


ip01
⒞2004 Sharky Producctions, A.V.V.

 今でも通じるのか知らないが、一昔前までは「潜水艦映画に外れなし」という言葉がよく使われていたという。
 『U・ボート』『クリムゾン・タイド』などの傑作を多く含む、高い水準で出来の安定したジャンルであったことが、その言葉の所以だということだ。

 ではその潜水艦映画に対して、サメ映画という致命的不確定要素を加えれば、一体どうなるのだろう。

 一説には外れなしという潜水艦映画に対して、外れというより存在自体が罰当たりなサメ映画、両者が組み合わさったとき、その内容は一体どうなってしまうのであろうか。



 結論から言うとどうにもならなかった。



 マイナスにプラスを掛けたところで、所詮生まれるのは負の数なのだ。
 というわけで『インパクト』である。

続きを読む

関連記事