【ホラー映画】『アナベル』レビュー

『アナベル 死霊館の人形』

原題:Annabelle
監督:ジョン・R・レオネッティ
出演:アナベル・ウォーリス, ウォード・ホートン, アルフレ・ウッダード
備考:Amazonで『“アナベル 映画”』と検索すると『もしかして:“アナル 映画”』と表示するのは止めろ


a01
(C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

 SAWシリーズの脚本として名を馳せた男、ジェームズ・ワンが監督を務めたホラー映画、『死霊館』(2013)
 その前日譚であり、一体の呪われた人形に関する怪奇現象を描いたのが本作、『アナベル 死霊館の人形』(2014)だ。


 本作に登場するアナベルという人形は実在しており、劇中でも名前の登場する超常現象研究家・ウォーレン夫妻の博物館に、厳重に保管されている。
 そしてまた本作も、実話を基に作られた作品であるということだ。


 実際のアナベルはアメリカの国民的キャラクターであるラガディ・アンの人形なのだが、本作のアナベルはトイザらスの店頭に並ぶ可能性をゼロから小数点以下まで切り捨てた強烈な造形でその身を飾っている。


 可愛い……。

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

【ゾンビ映画】『ゾンビーバー』レビュー

『ゾンビーバー』

原題:ZONBEAVERS
監督:ジョーダン・ルービン
出演:レイチェル・メルヴィン, コートニー・パーム, レクシー・アトキンス, ハッチ・ダーノ, ジェイク・ウィアリー
備考:本作のスタッフはハングオーバー・シリーズの面々であり、かつジョン・メイヤーがカメオ出演している


zb01
⒞2014 ZONBEAVERS, LLC.

 ♪ゾンビーバー ゾンビーバー
 ♪恋人が叫び声を上げた 理由を聞いても君は信じないよ
 ♪彼女がトイレで見たのは 間違いなくゾンビーバーさ
 ♪変な毒に侵されて 遺伝子が組み換わった
 ♪腹をすかせて 水の中で待ってるよ
 ♪よい子は湖に近づくな
 ♪ゾンビーバー ゾンビーバー



 これが本作の主題歌、ゾンビーバーのテーマの一番である。
 ちなみに、このテーマソング、“本編を観なくても歌詞だけでこの映画の内容が全て分かるようになっている”『アタック・オブ・ザ・キラートマト』形式のため、初見の場合、二番以降には注意が必要だ。


 だとしても「♪ネタバレ注意だ」とか曲の三番で歌わないで欲しい。今更だ。

続きを読む

関連記事

【ホラー映画】『死霊高校』レビュー

 ※死霊映像
『死霊高校』

原題:THE GALLOWS
監督:クリス・ロフィング/トラビス・クラフ
出演:リース・ミシュラー, ファイファー・ブラウン, ライアン・シューズ, キャシディ・ギフォード
備考:本作のキャストの名前と登場人物の名前はそれぞれまったく同一


sk01
⒞2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

「『パラノーマル・アクティビティ』のスタッフが結集して作り上げた新作!」という、本当に期待していいのかどうかイマイチ判断に迷う宣伝文句によって売り出されたのが本作・『死霊高校』だ。

 パラノーマル・アクティビティでは毛布やドアがちょっと動くことを『恐怖』として商業ルートに乗せた彼等であったが、本作はきちんと肉体のある怪物が若者を惨殺していく、正統派のホラー映画として仕上がっている。



 うん、怪物は出番を全部合計して十何秒か出るよ。『Five Nights at Freddy's』 みたいな感じで。

 と言いますが私は本作の内容は割と良かったと思います。

続きを読む

関連記事

【パニック映画】『メガ・スパイダー』レビュー

 監督は『ラバランチュラ(一作目)』の人
『メガ・スパイダー』

原題:Big Ass Spider!
監督:マイク・メンデス
出演:グレッグ・グランバーグ, リン・シェイ, パトリック・ボーショー, レイ・ワイズ, クレア・クレイマー
備考:本作にはロイド・カウフマン(悪魔の毒々モンスターの人)がカメオ出演している


ms01
(C) 2012 Epic Pictures Group, Inc.

 原題を直訳すると、『デカケツグモ!』だろうか。
 映画業界という超個体から排泄された創作的塗糞のごとき惨状を示す『パニック映画』というジャンルの作品には相応しい題名なのかもしれない。





 それはそれとしてこの映画は結構面白いです。

続きを読む

関連記事

【サメ映画】『フライング・ジョーズ』レビュー

 邦題がレッドカード
『フライング・ジョーズ』

原題:Swamp Shark
監督:グリフ・ファースト
出演:クリスティ・スワンソン, ロバート・ダヴィ, D・B・スウィーニー, ジェフ・チェイス, ソフィア・シニーズ, チャールズ・ハレルソン, ランス・E・ニコルズ
備考:監督は『ゴースト・シャーク』の人であり、かつて『トランスモーファー』の主演俳優でもあった


fj01
⒞2010 AED-Swampshark, LLC


 メガ・シャークシリーズから始まって、シャークネードシリーズに終わろうとしている、“サメが空を飛ぶサメ映画”
 しかし一方では“サメが空を飛ばないサメ映画”の人気も未だ根強く、『ダブルヘッド・ジョーズ』『トリプルヘッド・ジョーズ』のように、水中というサメ映画の原点を崩さない作品も依然として健在だ(もっともこの二本は別の点でひたすら狂っているわけだが)。

 さて、今回紹介する『フライング・ジョーズ』もまた、そうしたサメが空を飛ばないサメ映画の内の一本である。

 



 そんならどうしてこの映画に『フライング・ジョーズ』なんて邦題を付けたんだろう……。

続きを読む

関連記事