【ディザスター映画】『アルマゲドン2008』レビュー

 B級映画は軽い悪戯感覚で隕石を落とすな
『アルマゲドン2008』

原題:Comet Impact/Future Shock: Comet
監督: キース・ボーク
出演: クリスチャン・ソリメノ, ジェームズ・ウィルビー, ジェームズ・コスモ, チョー・ワ・ヴオン, ドン・ワリントン
備考:イギリス製作のTV映画/アルバトロス


20081
⒞Produced under the Copyright Licence of Seven One International GmbH

 原題の通り、マイケル・ベイ監督の『アルマゲドン』とは一切関係のない作品が、本作こと『アルマゲドン2008』である。
 ちなみに公開は2007年12月1日である。
 ※ただし、劇中でパッケージの隕石が落下する日時が2008年8月8日であるので、一応セーフ……かもしれない。

 しかし本作、数多のディザスター映画の中でも、内容自体は極めて異色の作品である。
 決して大作映画の展開を安直に模倣した、志の低い作品の類ではない。

 そこを踏まえて、今回はこのアルマゲドン2008をレビューしていこう。



 なお、今回のレビューにはオチの部分のネタバレを含む。
 とはいえ、“本作のパッケージの裏の概要でもオチが半分ネタバレされている”ので、別に今更私が気を遣う必要はないかもしれないが、一応先に断っておく。

続きを読む

スポンサーサイト