【ホラー映画】『ナイトメア・ビーストと迷宮のダンジョン』レビュー

 這い寄る混沌
『ナイトメア・ビーストと迷宮のダンジョン』

原題:THE DARK SLEEP
監督: ブレット・パイパー
出演: アシュレイ・ギャロウェイ, テイラー・ニコル・アダムス, スティーブ・ディアスパラ, ケン・ヴァン・サント, ボブ・デニス
備考:本作のベースはH・P・ラヴクラフトの『魔女の家の夢/魔女屋敷で見た夢』である


nb01
⒞2012 Tomcat films LLC.

 過去に『ビッグ・クラブ・パニック』の監督を務めた男、ブレット・パイパー。
 『ジュラシック・ビースト』『フランケンジョーズ』で一部界隈に衝撃を与えた“超新星”、マーク・ポロニア。

 これまで慄然たる作品を何本も生み出してきた二人のアウトサイダーが、あの『トムキャットフィルムズ』という狂気の山脈の下で、恐るべき漆黒の触手を密かに絡み合わせていた。
 そして低予算映画界という最も忌まわしき様相を帯びた深淵を根城に、面妖な環状列石の只中から密かに顕現していたのが本作・『ナイトメア・ビーストと迷宮のダンジョン』であるのだ。



 と言うと少し前口上が冒涜的に聞こえるが、彼等が作り上げてきた暗澹たる悪夢的過去作と比べると、今作の出来は意外に良かったと言えるだろう。少なくとも、我々<旧視聴者>が筆舌に尽くし難い嫌悪の念を抱いた、あの悍ましき作品群とは格段に品質が異なる。

 というわけで今回は、このナイトメア・ビーストと迷宮のダンジョンの魅力を、その冷たい窮極の深奥から掻き出していくかのように愚かしき姿勢でレビューしていく。



 ちなみに、『魔女の家の夢』は創元推理文庫のラヴクラフト全集5に収録されているよ。

続きを読む

スポンサーサイト

【ホラー映画】『アタック・オブ・ザ・キラー・ドーナツ』レビュー

 ★★★☆☆3.0 [ 料理・味3.0 | サービス3.0 | 雰囲気3.0 | CP3.0 | 酒・ドリンク3.0 ] 使った金額(1人) ¥100~¥500
『アタック・オブ・ザ・キラー・ドーナツ』

原題:Attack of the Killer Donuts
監督:スコット・ホイーラー
出演: カイラ・コンプトン, ジャスティン・レイ, アリソン・イングランド, C・トーマス・ハウエル
備考:監督は『アイス・ジョーズ』や『トランスモーファー・リターンズ』の人


kd01
⒞2016 Cardinal XD, LLC

2016/10(初)鑑賞
濃厚な食感が抜群

 仕事を終えた平日の午後に、ぶらりと寄った近所のレンタルショップ。
 魚介系のクソ映画が充実した、地元では有名な老舗の店舗である。

 まだ少し肌寒い三月の春風から逃れるように、熱気の籠もった店内に入ると、早速誰にも借りられない常連で賑わうマイナーなホラー映画の棚へと向かう。

 種類は豊富だが魅力は皆無なメニューの品目や、空席の多い新作コーナーの活気に少し惑わされたが、今回は現時点で準新作の『アタック・オブ・ザ・キラー・ドーナツ』を注文した。
 最近はこってり系のクソ映画を中心に攻めていたので、たまには健康を考えてあっさり系の本作を頂くことに決めたのだ。

 リリース当初から客の手に取られた様子のない、埃を被ったトラッシュ・ムービー風味のパッケージ。
 どこの誰が描いたともしれない殺人ドーナツの素朴なイラストをベースに、脇に添えた意味不明なキャッチコピーが程々のスパイスを効かせており、どこの誰とも知れない職人の技量が窺える。
 殺人ドーナツの光る目玉は少し薬味の自己主張が激しいために、他の素材との調和を乱しているようにも思えたが、一方でそのような臭味が逆に味わい深い、ジャンキーな香気を漂わせていた。

 早速カウンターを通して自宅に持ち帰ったディスクは、意外にもサクサクとプレイヤーの中に収まってしまった。
 同時に再生された新作案内のフルコースに舌鼓を打って、ついにメインディッシュである本編の鑑賞に移る。
 質感の安いフィルムの冒頭が画面内で流れ出した途端、部屋中に芳醇な雰囲気が広がった。

 嗚呼、これは、最近ではめっきり数の減ってしまった、懐かしいクソ映画の味だ――



 というわけで、ここから『アタック・オブ・ザ・キラー・ドーナツ』のレビューである。
 上のグルメレビューは読み飛ばしていいよ。

続きを読む

【ホラー映画】『魔獣星人ナイトビースト』レビュー

 GANTZに出てくる15点くらいの敵
『魔獣星人ナイトビースト』

原題:NIGHT BEAST
監督:ドン・ドーラー
出演:ケヴィン・ロウ, カール・サンディス, エド・バトル, ナンシー・ヘンドリクソン, デボラ・ルース
備考:本作の音楽は当時新人だったJ・J・エイブラムスが担当している


mn01
⒞1982 Amazing Films Prods. Dolby and the double-D symbol are registed trademarks of Laboratories.

 生涯に渡って“ゴミのような映画”あるいは“映画のようなゴミ”を何本も撮り続けてきた功績により、エド・ウッドと並んで世界に名を馳せた映画監督、ドン・ドーラー。

 “良作が撮れないのは凡人の常だが、佳作さえ人生で一本も撮れなかった彼は逆に才人だ”として未だ語り継がれるドン・ドーラーの偉業に対して、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』などで近年時の人と化した映画監督、J・J・エイブラムスが、「彼の仕事に誰も注目していないが、それは当然だと思う」と、少なくとも彼の仕事より愉快なコメントを残している。



 そのような“多分フィルムとトイレットペーパーの区別が付いていなかった男”、ドン・ドーラーが関わった作品の中では、おそらく“最も映画に近い存在”として一部ではZ級映画ファンからの評価も高い逸品が本作、『魔獣星人ナイトビースト』である。



 別に面白いわけではない。

続きを読む

【ホラー映画】『ストレージ24』レビュー

 「くっ」
『ストレージ24』

原題:STORAGE24
監督:ヨハネス・ロバーツ
出演:ノエル・クラーク, コリン・オドナヒュー, アントニア・キャンベル=ヒューズ, ローラ・ハドック
備考:ノエル・クラークは『スタートレック イントゥ・ダークネス』や『ゾンビハーレム』にも出演


s2401
⒞Medient Unstoppable Limited 2012



 というわけで本作があの有名な『ストレージ24』、あの公開当時アメリカでの興行収入が僅か72ドルという記録的な数字を達成したことで一躍名を馳せた『ストレージ24』である。



 もっとも、本作の成績が死ぬほど振るわなかった理由には“全米で一館しか本作を流していなかった”ことや、“上映期間が一週間しか取れなかった”ことなどの要因を含み、加えて“元々低予算の作品であり高収益は期待されていなかった”という、最初から劇場で勝負するには荷が重いB級映画として制作されていたという事情も孕んでいるため、単純に本作を“駄作なので売れなかった”と判断するのは少々安直な発想だ。



 かといって、本作が実は隠れた良作なのかというとそこは非常に怪しいが、とにかく本作があの僅か72ドルの興収で有名な『ストレージ24』である。

続きを読む

【ホラー映画】『Mr.タスク』レビュー

 レッツ・セイウチング!
『Mr.タスク』

原題:Tusk
監督:ケヴィン・スミス
出演:ジャスティン・ロング, マイケル・パークス, ハーレイ・ジョレル・オスメント, ジェネシス・ロドリゲス
備考:ジョニー・デップも親子揃って初出演


mt01
⒞2014 Big Oosik, LLC, and SmodCo Inc.

 今年2016年の新春、「あーあ、年始はつまんねーTV番組しかやってねーよなあー」という国民の声に応え、リビングに牙を突き立てた衝撃のセイウチ人間映画、それがこの『Mr.タスク』だ。

 和やかな元旦のムードも名残惜しい1月10日の初日にこの映画を借りた者は、“身体を鰭脚類に改造されたセイウチ人間VS自家製セイウチスーツに身を包んだ連続殺人犯”という、地上波では絶対に流れないタイプの異種格闘技戦を見せつけられることとなるだろう。

 なお、仮に改造セイウチ人間をキャプテン・アメリカ、セイウチスーツ殺人鬼をアイアンマンに例えるとするならば、本作はセイウチに形を変えて先行上映された『シビル・ウォー』とも言えるわけであり、ともすればMr.タスクがアベンジャーズのニューフェイスとしてエンドロールの最後に登場を仄めかされる日が来る可能性も少なからず存在していることになる。

 本作には『突然望まぬ力(セイウチ)を手に入れた平凡な若者』や、『世間からの迫害や悲劇の事故によって狂気(セイウチ)に呑み込まれた老人』も登場するため、これはX-MENへの加入にも期待が持てるといったところだ。



 皆からの応援、待ってるぜ!

続きを読む