【目次】『かあさんこのサメどうかしら』レビュー作品一覧

 未来から来た目次です。

 私が過去にレビューした作品を、とりあえずサメ映画に限り、ここに一覧として残しておきました。

 個人的にオススメしたい作品には←オススメ、個人的にある意味オススメしたい作品には←ある意味オススメと、記事タイトルの右端に記してあります。

 私の好みは偏っているので、皆様の参考にはならないかと思われますが、よろしければ以下の『続きを読む』からどうぞ。

続きを読む

スポンサーサイト

【サメ映画】『シャークトパスVSプテラクーダ』レビュー

 製作は当然ロジャー・コーマン
『シャークトパスVSプテラクーダ』

原題:SHARKTOPUS VS PTERACUDA
監督:ケヴィン・オニール
出演:ロバート・キャラダイン, ケイティ・サボイ, リブ・ヒリス
備考:監督は『ディノシャーク』や『ディノクロコ』の人


svp1
⒞2014 Emerald city pictured, LLC

 劇中に登場するサメダコの造詣が、本編より高い人気を誇ることで有名なシャークトパスシリーズ。
 一連の作品の評価自体は賛否両論だが、続編が二本も出た時点で、一応近年のサメ映画を代表する立派な作品だ。

 とはいえあくまでサメ映画はサメ映画、「知名度に釣られて鑑賞したが、一作目の出来が思ったより酷かったので、そのまま二作目以降はスルーした」という方も多いかもしれない。

 勿論「いや、逆に自分は二作目以降が合わなかった」という方もいるだろうが、今回はシャークトパスシリーズの中でも特に「普通の作品に近い」と評判の本作・『シャークトパスVSプテラクーダ』をレビューしていこう。



 余談だが、シャークトパスの一作目の監督はデクラン・オブライエン、二作目以降の監督はケヴィン・オニールである。

続きを読む

関連記事

【サメ映画】『海底47m』レビュー

 サメ映画のバカンスって去年もロストしたよな
『海底47m』

原題:In the deep/47 meters down
監督:ヨハネス・ロバーツ
出演:クレア・ホルト, マンディ・ムーア, マシュー・モーディーン
備考:監督は『ストレージ24』の人


47d1
⒞47 DOWN LTD 2016

 まともなサメ映画をまともな劇場で観る機会なんて、一生にそう何度もあるものじゃないと思うから、今の内に『海底47m』は観ておくといいよ(2017/08/13現在)。

続きを読む

関連記事

【コメディ/サスペンス/ドラマetc】『ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式』レビュー

 何もかもがグリーンだ
『ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式』

原題:DEATH AT A FUNERAL
監督: フランク・オズ
出演: マシュー・マクファディン, ユエン・ブレムナー, アラン・テュディック, ピーター・ディンクレイジ
備考:監督はスター・ウォーズシリーズのヨーダの声優


dh01
⒞2007 Film & Entertainment VIP Mediafounds 1 & 2 Gmbh & Co. KG/Target Media.

 たまにはこういうのもいいよね。

続きを読む

【サメ映画】『ディープ・ライジング コンクエスト』レビュー

 シャークアタックシリーズの三作目
『ディープ・ライジング コンクエスト』

原題:Shark Attack 3: Megalodon
監督: デヴィッド・ワース
出演: ジョン・バロウマン, ジェニファー・マクシェイン, ライアン・カットローナ
備考:信頼と実績のNU IMAGE作品


drc01
⒞2002 NU IMAGE, INC

 本作・『ディープ・ライジング コンクエスト』は海外で最も有名なサメ映画の内の一本に数えられる作品だ。

 何せ本作、劇中に登場するサメの映像の出来があまりに悪かったことから、“史上最低のサメ映画の捕食シーン”とインターネットで話題に上り、YOUTUBEでは本作のclipが衝撃の5000万再生(2017/08/03現在)を超え、本編の特に酷い場面のgifが拡散した作品である。



 おまけに主演のジョン・バロウマンは、後に本作に対して「金のために出演した」と語ったとのことだが、それはさておき今回はディープ・ライジング_コンクエストをレビューしていこう。





 余談だが、「シャークアタックシリーズでは本作が一番良かった」という声も意外と多い。

続きを読む

関連記事