【目次】『かあさんこのサメどうかしら』レビュー作品一覧

 未来から来た目次です。

 私が過去にレビューした作品を、とりあえずサメ映画に限り、ここに一覧として残しておきました。

 個人的にオススメしたい作品には←オススメ、個人的にある意味オススメしたい作品には←ある意味オススメと、記事タイトルの右端に記してあります。

 私の好みは偏っているので、皆様の参考にはならないかと思われますが、よろしければ以下の『続きを読む』からどうぞ。

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

【サメ映画】『ディープブルー・ライジング』レビュー

『ディープブルー・ライジング』

原題:ICE SHARKS
監督:エミール・エドウィン・スミス
出演:エドワード・デルイター, ジーナ・パーカー, カイワイ・ライマン・マーセロー, クラリサ・シボー, トラビス・リンカーン・コックス
備考:出演している俳優のエドワード・デルイターは、過去に『メガ・シャークVSグレート・タイタン』の脚本を担当


db1
⒞2016 DARK CONTENT, LLC



 当然『ディープ・ブルー』とは一切関係ない。



 というわけで『ディープブルー・ライジング』である。
 よく見ると本家の邦題とは中黒の位置も違う。

続きを読む

関連記事

アサイラム・アワー参加の件について






 というわけで来月ムービープラス様から始まるアサイラム・アワーにおいて、サメ映画ライターを務めさせて頂きました。
 先行レビュー作品は、


・シャークネード ワールド・タイフーン
・鮫の惑星 海戦記
・ファイブヘッド・ジョーズ



 です、よろしくお願い致します。

 公式の予告・アサイラムについての解説動画は千葉繁様がナレーションを担当されているよ。見てね。

関連記事

記事の更新について

ご無沙汰しております。知的風ハットです。

一ヶ月以上更新が滞ると出現する、画面下の広告が思ったより邪魔だったので更新しました。
肝心のレビュー記事の方も、少し違う形で数日以内に公開出来るかと思われますので、そのときはよろしくお願い致します。

ついでに名作映画でも紹介しておくと、『ゾンビーワールドへようこそ』という作品が、字面に反して真剣に笑って泣ける最高の一本です、よろしくお願い致します。
関連記事

【サメ映画】『シャークトパスVSプテラクーダ』レビュー

『シャークトパスVSプテラクーダ』

原題:SHARKTOPUS VS PTERACUDA
監督:ケヴィン・オニール
出演:ロバート・キャラダイン, ケイティ・サボイ, リブ・ヒリス
備考:監督は『ディノシャーク』や『ディノクロコ』の人


svp1
⒞2014 Emerald city pictured, LLC

 劇中に登場するサメダコの造詣が、本編より高い人気を誇ることで有名なシャークトパスシリーズ。
 一連の作品の評価自体は賛否両論だが、続編が二本も出た時点で、一応近年のサメ映画を代表する立派な作品だ。

 とはいえあくまでサメ映画はサメ映画、「知名度に釣られて鑑賞したが、一作目の出来が思ったより酷かったので、そのまま二作目以降はスルーした」という方も多いかもしれない。

 勿論「いや、逆に自分は二作目以降が合わなかった」という方もいるだろうが、今回はシャークトパスシリーズの中でも特に「普通の作品に近い」と評判の本作・『シャークトパスVSプテラクーダ』をレビューしていこう。



 余談だが、シャークトパスの一作目の監督はデクラン・オブライエン、二作目以降の監督はケヴィン・オニールである。

続きを読む

関連記事